HOME>レポート>しっかりとお別れを告げたい人に注目の家族葬とは

しっかりとお別れを告げたい人に注目の家族葬とは

数珠

一般葬儀と家族葬の違い

最近は家族葬を選ぶ方が増えてきていると言われていますが、一般的な葬儀と何が違うのかよく分からないという方も多いでしょう。まず一般的な葬儀は、身内だけでなくさまざまな立場の方を呼ぶため参列者の人数が多いことが特徴であり、多い場合は100名を超えることもあります。一方の家族葬は、葬儀の流れは一般的なものと同じですが、家族や親族といった身内だけの少人数で行うという部分が違うと言えるでしょう。参列者として呼ぶ範囲は、文字通り家族だけの数名程度という場合から、親族や親しい友人・知人を含めた30名程度の場合まで幅があります。また、どの範囲の方まで呼ぶかということには特に決まりはなく、それぞれの事情に合わせて決めることが可能です。

合掌

家族葬の魅力とは

家族葬の魅力としてまず挙げられるのは、ごく親しい身内だけで葬儀が行われるため、あまり気を遣わずに済むということです。一般的な葬儀では、それほど親しいわけではない方も大勢訪れるためその対応で気疲れしてしまいますが、家族葬ならその心配はないでしょう。次に挙げられる魅力は、費用を安く抑えることが出来るということであり、特に葬儀本体費用に関しては一般的な葬儀の半分程度に抑えることが可能です。一般的な葬儀の場合は葬儀本体費用が100万円を超えるケースも少なくありませんが、家族葬は50万円程度が相場だと言えるでしょう。そして、通夜に振る舞われる料理代などを指す飲食接待費に関しても、参列者の人数が少ない分安く済ませることが出来ます。

広告募集中