葬儀の事はプロに相談!

葬儀の手配が必要になったとき、全てをテキパキとこなせる方はごく稀です。「葬儀を執り行う」ということは、多くの人にとって非日常のこと。そうした中でも多くの人を出迎え、マナーを守って式を執り行い、故人とのお別れを済ませる必要があります。全てをご遺族だけで背負いこむのは難しいことです。葬儀のことは、葬儀のプロに相談し、少しでも気持ちを楽にしてください。

納得のいく葬儀を執り行おう【事前に把握しておくべきこと】

葬儀場

葬儀の種類について

一言で「葬儀」といっても、近年は非常にさまざまな種類が存在しています。それだけ「故人の思いに応える形で送り出してあげたい」と願う方が増えているからなのでしょう。昔からある葬儀の種類としては、一般葬儀の他に社葬や合同葬などがあります。会社の要人が亡くなったときなどに行われる葬儀の形で、会社と遺族が合同で行う場合を「合同葬」と言います。このほか、近年増えているのが家族葬や密葬です。故人にとって縁が深い方のみをお招きして執り行う葬儀のスタイルで、ごく小規模に行っていきます。家族葬は基本的に親族のみで行うことが多く、ご遺族の金銭的負担や精神的負担を、小さくする効果も期待できます。大阪でも、家族葬を選択する家庭は多く、ますます選ばれる葬儀スタイルになっていくと言えるでしょう。さらにシンプルな形として、お通夜や告別式を行わない直葬というスタイルもあります。

葬儀を東京で執り行なおう

葬儀の流れ

女性

葬儀会社への連絡から打ち合わせ

身近な人が亡くなったら、まずは葬儀会社に連絡をして今後の指示を仰ぎます。ご遺体の搬送や安置は、業者の方にお任せしましょう。またお通夜や告別式を執り行うための打ち合わせをスタートします。わずかな時間の中で、細かなポイントまでしっかりと決定していきます。

お通夜と通夜ぶるまい

遺族や親族、縁の深かった知人などが、最後のお別れをするために集まるのがお通夜です。故人にとって最後の夜を、朝まで付き添って一緒に過ごすことになります。ただし近年では、2時間程度の通夜式のあと、通夜ぶるまいをして終了という例も増えてきています。

葬儀、告別式で最後のお別れ

お通夜の翌日、通常であれば午前中に執り行われるのが告別式です。故人の冥福を祈ると共に、最後の大切な人との最後のお別れの瞬間となります。進行は葬儀社のスタッフが行ってくれるので心配はありません。告別式の最後には、棺にお別れの品を入れ、蓋をして火葬場へと向かうことになります。

ご遺体の火葬と初七日法要

火葬場にて火葬をしたのちに、近親者の方がお骨上げを行います。少し時間がかかるので、この間に食事をとるケースも少なくありません。火葬場までの移動にマイクロバスを用意してくれる葬儀社であれば、スムーズに移動することができます。

信頼できる葬儀社を探そう

最後のお別れを納得できる形で執り行うためには、信頼できる葬儀社に依頼をする必要があります。とはいえ身近な人が亡くなってから、実際に葬儀が行われるまでには、それほど時間はありません。どの業者なら信頼できるのか、事前にチェックしておくのも一つの方法です。

大阪で家族葬を対応してくれる会社ならコチラ!

東京で葬儀を執り行なおう

川越で葬儀をするときはここをチェック

神戸にある葬儀会社を大公開☆ 世田谷で葬儀を執り行ないたいなら必見!

広告募集中